Blog

菅沼直オフィシャルブログ
6月 03 2016

ジャズコード概念 ピアノ編(その4)

|
0 Comment
|

さて今回はCの右にいろいろなことが書かれている場合のそれらの意味とそれらの押さえ方について説明していきましょう。

まずはCm

これはシーマイナーと読んで、Cを根音にした短和音であることを示しています。つまりCから始まるマイナーとは第3音が半音下がることで、もともとのCmの構成音はド・ミb・ソです。しかしCmをそのままド・ミb・ソと弾いたのでは全くジャズっぽいサウンドにはなりません。

そこでこの考え方はメジャーでもマイナーでも同じですが、トニックコードでは6度をコードトーンとみなします。CもCmもそのコード自体が終止の目標となれるコードなので、(そこで終わった感じがするという意味)そういうコードをトニックコード(主和音)といいます。さらにはトニックコードでなくても、どんなコードにおいても9度は十分受け入れられやすいテンションノートと考えられています。ここで言うテンションノートとは、そのコードの働きを阻害することなく、緊張を高める、つまりジャズっぽく、かっこよく聴こえる目的で、もともとの3和音に足す音のことです。

ですのでCのときにミ・ラ・レと押さえたのはコードトーンとしての6度のラ、そしてどこで使ってもいいテンションノートの9度のレ、というわけだったのです。

この理論はマイナーコードでも成り立ちますので、Cがミ・ラ・レであると同じように、Cmはミb・ラ・レと押さえることができます。ただしこの場合の6度はC(メジャー)の場合と同じ長6度である必要があります。つまりマイナーであっても、ラはフラットさせてはいけない、ということですね。

結局Cmは左手ではミb・ラ・レ、両手では左手がミb・ラ、右手がレ・ソということになります。

 

さてメジャーとマイナーの違いが分かったら、次はセブンス、マイナーセブンス、マイナーセブンスフラットファイヴ、ディミニッシュ、についてその構成音と押さえ方について考えてみましょう。

|

Leave a Reply